【看護師】大阪府コロナ重症センターで働く方法・給料は?

現在、コロナウイルス陽性者は増加傾向にあり、

全国的にも医療がひっ迫してきている状況です。

 

大阪府も例外ではなく、医療のひっ迫への対策としてコロナ重症センターを設立しました。

 

大阪府でコロナ重症センターを開設するに当たり、看護師不足により募集が急がれていますね。

私も看護師でICUに勤務して5年目になりますが

正直、この問題について調べたことがありませんでした…

 

 
ちろ
コロナセンターで働くとなれば、感染するリスクの方が気になります。
我が家には子どももいるので、なおさら…
 
とは言え、私も大阪府民なのでコロナ重症センターについて調べてみました。
そして、それをこの記事にまとめて少しでも多くの人に知ってもらえたらと思います。
 
  • コロナ重症センターって何するところ?
  • どこにあるの?
  • どうやって応募するの?
  • 給料はどれくらい?手当てはつくの?

 

スポンサーリンク

コロナ重症センターの概要

まずは、このセンターの概要について、主に以下の内容を説明していきます。

  1. 場所
  2. 運営方法

 

「大阪コロナ重症センター」の運営についてを参考にしています。

コロナ重症センター:場所

  • 大阪急性期・総合医療センターの敷地内
  • 大阪市住吉区

大阪急性期・総合医療センターの敷地内にプレハブで設置されています。

 

プレハブ内はこのような感じになっているようです。

コロナ重症センター内見取り図

大阪府ホームページより引用

 
ちろ
当たり前ですが、ちゃんとレッド、イエロー、グリーンに分けられていますね。
全部で30床で運用する予定になっています。
 

コロナ重症センター:運営方法

医療従事者の派遣フロー

大阪府ホームページより引用

 

  1. 大阪府:医療機関に派遣依頼
  2. 医療機関:依頼を受け、看護師を重症センターへ派遣
  3. 看護師:重症センターで勤務

ざっくり、こんな流れで運営することが記載されていました。

 

 
ちろ
派遣により派遣元の看護師が少なくなった際に
残された看護師の負担が大きくなってしまう気はしています…
 
募集が急がれていますが
現状として、看護師は130人募集している内の50人しか集まっていません。
つまり、80人足りていない状況です。
 
そのため、大阪府以外に和歌山県や京都府など関西圏の医療機関自衛隊にも派遣依頼をしています。
 

派遣の申込方法

  • 応募要件
  • 応募条件
  • 応募方法
  • 選考方法

以上について説明していきます。

みなさんが気になるであろう、給料についても触れていきます。

 

応募要件

採用対象看護師

勤務期間

要相談
勤務体制2交替制
勤務場所大阪急性期・総合医療センター敷地内(大阪市住吉区)
給与500,000円(日勤8回、夜勤6回程度、夜勤手当て含む)+別途手当て
交通費大阪府看護協会より支給
備考
  • 白衣貸与
  • 靴持参
  • 宿泊施設準備(無料)
  • 勤務前研修受講可能

大阪府看護協会ホームページを元に作成

    看護師の給料が5年目の私で大体30万円前後なので給料に関しては高いように思えます。
    「+別途手当て」と記載があるので、どんな手当てが付くかでさらに上がりそうですね。
    ただ、経験豊富なベテランが行く場合は、給料に関しては大差ないように感じます。

 

 
ちろ
私が所属している部署からも1人出張という形で派遣に行きます。
出張扱いなので普段の給料+50万円もらえるとか…

 

応募条件

  1. 日本看護協会会員であること
  2. 人工呼吸器装着時のケア経験のある方

 

応募方法

 

上記2点を下の住所に送付するようになっています。

 

〒540-0001
大阪市中央区城見2-2-22 マルイトOBPビル8階
公益社団法人 大阪府看護協会 コロナ対策本部
 
 
ちろ
大阪府看護協会のホームページにも記載されているので
不安な方はこちらを見てみてね!
 

選考方法

  1. 一時審査:書類審査
  2. 面接

 

気になったこと

  • 給与について
  • 派遣元の看護師の負担について

 

あくまで個人的な意見になります。
ご了承ください。
 

給料について

正直なところ、給料次第で派遣に向かうという方は多いのではないでしょうか?

 

50万円+αと提示されていますが

  • 過酷な環境での労働
  • 感染のリスク

感染対策を徹底的に行いながら、重症患者のケアをすることは

想像以上にストレスがかかります。

 

コロナ患者対応で疲弊し、やめていく看護師も多いです。

そのような環境で労働することが確定するため

相当な覚悟が必要になるかと思われます。

 

そのため、給料と労働を天秤にかける人も多いのではないでしょうか?

 

派遣元の看護師の負担について

元々病院で勤務していた看護師が派遣に出るとなると

派遣を出した部署は少ない人員で今まで通りの勤務をすることになります。

 

コロナ患者を受け入れている病院はただでさえ、マンパワーが足りていないため多くの派遣を出すのは厳しいように感じます。

もしも、派遣に行きたいと思っている看護師がいたとしても

バタバタした現状を見て

 

 
ちろ
行きたいけど、この状況では言い出せない…
となってしまいます。
 
私の所属部署からも1名、出張という形で派遣に出ることが決定していますが
夜勤回数は増え、日勤のスタッフも減ってしまいました。
 
状況が状況ですので、文句を言う人はいませんが
残されたスタッフの負担が増えるのも問題になりそうです。
 
 
ちろ
無事に戻ってきてくれることを祈っています…
 

コロナ重症センターでの勤務に向いている人

  • 普段より多い給料が欲しい人
  • 経験値として捉えられる人
  • 色んな看護師と交流したい人

それぞれ説明していきます。

 

普段より多い給料が欲しい人

上ではベテランからすると大差ないかもしれないということを伝えました。

しかし、3年目〜中堅の看護師からすると高給な印象でもあります。

 

 
ちろ
私自身、5年目ですがこんなにはもらっていません…
 
応募条件に「年数」の記載はないため
若手の看護師で給料が欲しいという方はやってみても良いかもしれません。
 

経験値として捉えられる人

若い看護師、ベテラン看護師に限らず

派遣に行くことで全く新しい環境で仕事をすることができます。

 

つまり

  • 自分のスキルが通用するのか
  • 知識はどうか
  • コミュニケーション能力はどうか

など、自分の実力を試すことができる機会になります。

 

 
ちろ
向上心が強い方は特に向いているかもしれません。

 

いろんな看護師と交流したい

派遣には、さまざまな地域の様々な部署から看護師がやってきます。

派遣元が増えれば、それだけ多くの考え方やケアのやり方を直接聞くことができます。

また、現在自分がやっていることや目指していることを話すこともできます。

 

いろんな看護師と交流することで

元の部署に戻ってからのモチベーションが変わってきたり

進むべき道が分かったりします。

 

 
ちろ
私も3年目の時にDMAT研修に参加したことがありますが
熱い人たちばかりで、とても刺激になったのを覚えています。
 
DMATとは
Disaster Medical Assistance Teamの略で災害発生直後に活動する医療チームのことです。
 

まとめ

派遣に参加するための方法や概要に関しては

大阪府看護協会のホームページに記載されている通りです。

 

現状、看護師の数が不足しているため

大阪だけでなく、自衛隊や関西の医療機関にも募集している状況になっています。

 

派遣にいくことのリスクもありますが、一度検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。SEO機能・集客・収益にこだわられた究極のWordPressテーマです。購入はこちらから。

CTR IMG