【看護師1年目必見‼︎】定時で終わるための時短テクニック

新社会人の方々は入社して約半年が経過しましたね。

コロナウイルスの影響で出勤できずにリモートワークで働いている方も多いかと思います。

しかし看護師にはリモートワークなんて縁の無い言葉です。

 

毎日出勤し、毎日残業し心身共に疲れていると思います。

 
悩む犬
毎日残業している
どうやったら時間内に終わるのか分からない…
こんな風に思っている1年目は多いと思います。
 

1年目は徐々にステップアップするプレッシャーやリアリティショックなどの精神的ダメージもあると思います。

さらに今はコロナウイルスの影響で負担が大きくなっていると思います。

 

これを読んで実践し、少しでも早く家に帰り休んでもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

4つの時短テクニック

  1. 最大限の準備をする
  2. 予測を立てる
  3. 隙間時間の有効活用
  4. 振り返りを時間内に終わらせる

私が1年目の後半から意識的にやっていたことはこの4つでした‼︎

それぞれ説明していきます。

最大限の準備をする

  • 観察する項目が抜けていて何度も訪室する
  • 必要物品が不足していて何度も取りに行く(ケア・処置)

最初の頃は業務にも慣れていないですし先輩達よりも沢山動くのは当然です。

 

しかし、動く量が増えれば当然業務に当てる時間も少なくなります。

時間がすくなくなることで焦ってしまい、しなくていいミスに繋がってしまいます。

 

 
ちろ
私も焦って失敗することがよくありました…
何が必要なのかイメージ出来ていなかったです。

 

どんな物が必要か、何を観察すべきか、どう動くか、最大限の準備をしてから患者の元に向かいましょう

 

具体的には

  • 何が必要なのかマニュアルで調べる
  • スケジュールを組む際に必要物品・観察項目をメモしておく

  • 動きをイメージしてみる
  • 先輩の動きをみて学ぶ

こういうことを意識するだけで業務に当てられる時間は増えていきますし

安心してケアや処置に望むことができるようになります。

 

予測を立てる

対人の仕事ですので、イレギュラーが起こるのは日常茶飯事です。

どう対応するかも大事ですが、何か起きた時、起こる前に予測を立てることが大切です。

 

例えば、患者の意識が悪くなった場合

緊急でCTやMRIを撮るかもしれません。

その予測ができていれば、出棟する準備がいつもより早くできると思います。

 

そして準備ができれば、気持ち的にちょっと余裕ができますね。

これが大事です。

 

余裕が生まれることででパフォーマンスの向上に繋がったり、何より患者の安全に繋がります

予測を立てることはある程度の経験も必要になってきます。

考えてわからなければ、先輩に聞いてみてもいいかもしれません。

 

ですが、聞き方には注意です。

 

 
ちろ
ここまでは考えたけどその先がわからないので教えてください

 

という風に聞いてみてください。考えを伝えた上で聞くようにしましょう。

なんでも聞いていいのは1年目の特権ですよ。

 

すきま時間の有効活用

仕事中によくあるのがこんなことです。

  • 観察しに訪室するとPTとリハビリをしている・MSWとお話をしている
  • パソコンがの画面がなかなか読み込まれない

 

この隙間時間で出来ることを考えてみましょう。

  • 薬剤のミキシングを行う
  • SOAPを書く
  • 看護計画の評価を行う
  • 書類の整理を行う

などなど、ちょっとした時間で出来ることは沢山あります。

 

隙間時間を有効に使えるようになりましょう。

隙間時間が出来てから何をするか考えるとその時間で隙間時間が終わってしまう可能性があります。
前もって隙間時間に出来そうなことをリストアップしておくことをオススメします。
メモにまとめておくといいですよ。

 

振り返りを時間内に終わらせる

振り返りの時間が17時以降になるのはあるあるだと思います。

 

 
ちろ
私も1年目の時に17時以降に振り返ることが多かったです。
時間外に「振り返りをお願いします」と言うと
「なに?今頃するの?」なんて言われることも…
 

もしかしたら、時間外に振り返りをようになっているところもあるかもしれません。

ですが、時間内に終わるに越したことはないですよね?

 

時間外になった瞬間からお互いにプライベートの時間を割いています。

お互いにそのことを理解した上で時間調整する必要があります。

申し送りやラウンドの時間を逆算して提案してみてください。

 

まとめ

  1. 最大限の準備をする
  2. 予測を立てる
  3. 隙間時間の有効活用
  4. 振り返りを時間内に終わらせる

以上が私がやっていた時短テクニックです。

 

これを意識することできっと早く帰れるようになります。

とはいえ、業務ばかりにならず患者の安全や生活を考えていくことが大事です。

 

他にもこの時期に抱える悩みとそれに対する解決策を書いた記事もあるので読んでみてくださいね。

関連記事

プリセプターになる予定がある教育担当になったこれから看護師になる 看護師は1人の新人看護師に複数の教育担当者が付くことが多いです。今回は教育担当になった方、看護師を目指していてどんな悩みがあるの[…]

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。SEO機能・集客・収益にこだわられた究極のWordPressテーマです。購入はこちらから。

CTR IMG