【新人看護師向け】臨床で使える知識をつけるための5つの方法

 
悩む犬
勉強はしているけど臨床で使えない
どうやったら臨床に繋がるのか知りたい
 
 
新人看護師はこんな風に思うことがよくあるのではないでしょうか?
私は現在看護師5年目ですが1年目の時はよく悩んでました。
悩みながらも、先輩からは勉強しろって言われるし
勉強しないといけないのは分かってるから一応やるけど、全然使えない!
このように思っていました。
 
本記事では臨床で使えるようになるための方法を紹介していきます。
 
スポンサーリンク

結論:勉強だけで終わらせない

勉強だけで終わらせないことが大事です。

なぜなら、臨床で使える知識は参考書だけでは手に入らないことが多いからです。

 

看護師の勉強と一言でいっても

  • 解剖生理
  • 病態整理
  • 治療
  • 看護

と沢山ありますよね。

 

それぞれの勉強に時間がかかってしまいますが、看護師は患者ありきの職業です。

いくら勉強時間に費やしてもそれが臨床で使えず、患者に還元できなければ意味がありません。

 

このように、臨床で使えることを意識して勉強していく必要があります。

また、勉強で終わらせず実際にその知識を使うことが大事です。

 

オススメの方法:具体例

 

 
悩む犬
臨床を意識するのは分かったけど、
具体的にはどんな方法で勉強したらいいのさ…
 
臨床で使える知識を得るための方法をいくつか挙げてみました。
  1. 関連図を書く
  2. メモをとる習慣をつける
  3. その日のうちに勉強する
  4. 先輩に聞く
  5. 患者から学ぶ

 

それぞれ説明していきます。

 

関連図を書く

「関連図を書いてきて。」とい先輩は多いです。

私が1年目の時も言われていましたし、きっと先輩達もその先輩に言われてきたことでしょう。

 

 
ちろ
でも関連図って時間かかるし面倒ですよね。
修正も大変だし。
 
ただ、多くの先輩達が言ってるだけの効果があります。
 
  • 頭の中を整理できる
  • 疾患と症状の繋がりが見える
  • どのタイミングでどんな治療を行っているのか分かる
  • 問題点が分かる
今まで書いてきて感じた効果は上の4点です。
 
網羅的に勉強してもそれぞれが繋がらず、バラバラになってしまったら意味がありません。
それを可視化できるため、得た知識を整理しながら繋げていくことができます。
 
 
ちろ
点と点を結んでいくイメージだよ。
 
こうすることで臨床に出た時に、より明確にケアに当たることができます。
 

メモをとる習慣をつける

新人教育をしていて、よく気になるのが「メモをとらない」ことです。

頷ずきながら聞いてくれるけど同じことまた指導している

次の日に修正できていない

 

こうなってしまったら、先輩の怒りを買いますし、

何より成長できていないのがもったいないです。

 

 
ちろ
とはいえ、最初の頃はしょうがないから
メモとってね、と声をかけるようにはしています。
 
中には覚えておけるから大丈夫と思う方もいるかもしれません。
しかし、先輩が指導することのほとんどは臨床で使うための知識です。
成長するチャンスだと思って、その日のうちに解決できるようにしましょう。
 
分からないことはメモ→解決→成長です‼︎
 

その日のうちに勉強する

先述したメモの内容に関連しますが、新人看護師の頃よくあったのが

  1. 申し送りに略語が多すぎて理解できない
  2. 薬の数が多すぎて分からない
  3. カタカナ多すぎて混乱する

このようなことでした。

 

メモを取るのはもちろんですが

分からないことをそのままにせず調べていくことで成長できますよ。

  1.  略語が理解できる → 情報が拾える→ケアに繋げられる
  2. その患者に使っている薬が理解できる → 治療方針が分かる
  3.  情報が拾える → ケアに繋げられる

 

先輩に聞く

今、知識がいっぱいの先輩も昔は1年目の看護師でした。

先輩達も勉強してきているはずですし、使えるポイントが分かっています。

 

  • 先輩の勉強法を参考にしてみる
  • 先輩に添削してもらう

話しかけやすい先輩に聞いてみるのも手です。

 

 
ちろ
そんな人いないよ!
 

と言う方もいるかもしれません。

その時は教育担当者にお願いしてみましょう!

 

添削をお願いしたからには、決められた期限を守るようにしましょう。
 

患者から学ぶ

これも効果的です。

関連図で問題点を抽出し、ケア内容まで把握できれば実践するだけです。

患者には申し訳ないですが、きっと1回では上手くいきません。

 

失敗したのなら、なぜ失敗したのかを考えましょう。

  • ケアの内容が合っていなかった
  • ケアの方法が合っていなかった
  • 疾患や治療・ケアが繋がっていなかった

 

原因を探して、分からないことがあれば再度解決できるように勉強をしていきましょう。

患者相手に実践することで、より具体的な勉強ができると思います。

 

勉強時間を確保するための方法

 
悩む犬
臨床に繋げるための方法は分かったけど
毎日仕事して疲れるからすぐ寝たいし
勉強時間が確保できない…
 
臨床に繋げるためには元になる知識も必要になりますが、修正していく時間も必要になってきます。
しかし、慣れない環境で仕事をして疲れている中勉強するのは大変ですよね。
 
勉強時間を確保するための方法も紹介しておきます。
  1. 時間を決める
  2. 勉強内容を決める
  3. 習慣化する

 

1日に何時間も勉強しなくていいと思います。

それよりも体調管理のために休むこと、毎日ちゃんと出勤することの方が大事な時期です。

しかし、勉強時間0は避けたいところですよね。

 

そこで、「1日1時間」「今日はメモしたところだけ」とルールを決めてやりましょう。

それを継続することで習慣化でき、苦痛ではなくなってきます。

 

 
ちろ
私は効率が悪すぎて
日勤が終わってから21時までは勉強すると決めていました。
 

まとめ:臨床に繋げるための方法

  1. 関連図を書く
  2. メモをとる習慣をつける
  3. その日のうちに勉強する
  4. 先輩に聞く
  5. 患者から学ぶ

具体的に出してみたので、実践しやすいかと思います。

 

実践すればきっと、満足のいく看護が出来るようになりますよ。

 

オススメの参考書をまとめています。

気になる方はチェックしてみてください。

関連記事

どの参考書を買ったら良いのか分からない書いてある内容が薄すぎて使い物にならない参考書を見て先輩の質問に答えたのに、なぜか怒られた 私は、集中治療室で勤務して5年になります。 […]

 

 
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

当ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。SEO機能・集客・収益にこだわられた究極のWordPressテーマです。購入はこちらから。

CTR IMG